マコ

初めてのアイペイントっ子ができました。

1702041.jpg

【仕様まとめ】

ヘッド:オビツ11-01ヘッド ホワイティ
ボディ:オビツ11 ホワイティ
ウィッグ:PARABOX 3.5インチ ボブ ブロンド(お湯パーマ+カット)
メイク:リキテックス+パステル





アイペイントの練習は、昨年の夏あたりからちょこちょこやっていました。
メイクというより「お絵かき」に近い感覚が楽しくて、けっこう色々なタイプの顔を描いてみたりしていました。

1702044.jpg

最終的にはこんな顔になったわけですが、うちの子として違和感のないバランスに落ち着くことができたかなと思っています。





はじめから「和風衣装を着せる子」と決めていたので、ウィッグもおかっぱっぽいボブを目指しました。

1702043.jpg

色味こそ派手めですが、全体的に座敷童っぽい雰囲気になって満足です。






名前は「マコ」にしました。
通称マコちゃん、もしくはまーちゃん。

1702042.jpg

初めて完成させたアイペイントの子ということもあり、すでにけっこうな愛着がわいております。




スポンサーサイト

新しい子が増えました。
三人目の男の子です。

1510021.jpg

【仕様まとめ】

ヘッド:PARABOX アンジェラSヘッド
ボディ:ピュアニーモフレクション XS 男子 白肌
アイ:PARABOX REALISTIC EYE 10mm バイオレット
ウィッグ;PARABOX 4.5インチ ボブ プラチナブロンド(お湯パーマ+カット)
メイク:リキテックス+パステル





穏やかな顔立ちの子になりました。
当初はもう少し生意気というか、すかした感じの子を想定していたのですが、ヘッドに沿うように顔を描いていったら自然とこうなりました。
アンジェラSヘッドはお上品です。

1510022.jpg

そして新人といいつつ、ツイッターの方では結構写真を上げていたりしました。
というのも、ピュアニーモ男子の白肌ボディで男の子を作るぞと決め、ヘッドを完成させたものの、肝心のボディがなかなか発売せず…。
のんびり待つつもりでしたが、ヘッドが完成してしまうと組まずにはいられず、家に予備で置いてあった女子ボディを仮の体としておりました。
ブログではなるべく紹介記事を最初に書きたいと思っているので、男子ボディの発売を待っての登場となりました。






ハンドパーツはデフォルトのものから変えてあります。

1510023.jpg

アゾン店頭にてばら売りしていたパーツです。
詳細は書いていなかったため不明ですが、おそらくオビツボディのものと思われます。
ピュアニーモXSやオビツ21用よりも少し大きいので、男の子っぽさが出るかなぁと。






名前は秋(シュウ)にしました。
通称シュウくん。

1510024.jpg

外人さんぽい見た目なのでそちら系でも少し考えてみましたが、結局「男の子は季節」ルールにのっとりました。
我が家には今までいなかった、優等生に見えるタイプの子なので、今後どんな風に馴染んでいくのか楽しみです。


夏彦 1/3

突然ですが、1/3サイズっ子をカスタムしました。
といっても、全くの新人ではなく、ナッちゃんの大きいバージョンのつもりです。

1507022.jpg

【仕様まとめ】

ヘッド:PARABOX 姫姉ヘッド
ボディ:PARABOX 45cm 男子
アイ:オビツオリジナルドールアイA ブラック 22mm
ウィッグ:自作
メイク:リキテックス+パステル



全身像。

1507023.jpg

大きくてもナッちゃんなので、やはりアリクイを持っています。






ナッちゃんの大きい版を作りたいなぁという野望は、けっこう以前からありました。
このところ色々なタイミングが重なって急にカスタムへのモチベーションが上がり、ついに誕生させることができました。

1507024.jpg

洋服をゆっくり探す前に完成させてしまったので、とりあえずこしらえたお寝間着を着せています。





大きい子は撮影場所の確保が大変です。

1507025.jpg

しかし、中くらいサイズのぬいぐるみと一緒に撮りやすいという嬉しさもあります。






メイクは小さいナッちゃんを参考にしつつ、表情を変えてみました。
小さい方に比べると、いくらかおっとりした感じ。

1507026.jpg

大小並べて似ているのかどうか、正直いってよくわかりません。
しかし、じゅうろくにはどちらもナッちゃんに見えているのでよしとします。


ソフィー

新しい子をカスタムしました。
我が家では初めての、アニメアイっ子です。

1503061.jpg

【仕様まとめ】

ヘッド:PARABOX ヒカリ ホワイティ
ボディ:ピコニーモD ホワイティ
アイ:PARABOXアニメアイ 光彩A 10mm グリーン
ウィッグ:屋根裏部屋と地下室 4.5インチ エンジェルカール 枯茶
メイク:リキテックス+パステル



ハンドパーツはピコニーモD用のものと、オビツ21/23用のものを使っています。
こちらはピコニーモD用パーツ使用中。

1503062.jpg




そしてこちらがオビツのハンドパーツを使用している図です。

1503063.jpg

どちらも可愛いバランスなので、気分やシチュエーションで変えていこうと思っております。




ウィッグはDollceさんで購入しました。

1503064.jpg

くりんくりんのくせ毛が大変可愛いです。
ヒカリヘッドにはやや小さめのため、メカニカルファスナーをヘッドに貼り付けて固定しています。それでも気を付けていないと地肌が見えてしまうので、サイズの許容範囲は人によるかなぁと思います。




男女どちらとはっきり決めないままメイクをしたので、性別が大変わかりにくい顔になりました。
しばらく性別保留だったのですが、最終的にボーイッシュな女の子ということで落ち着きました。

1503065.jpg

そんなわけで、名前はすぐに女の子とわかるものがいいなと考え、「ソフィー」に決めました。
子供の頃から大好きな絵本の、主人公の女の子の名前を拝借しています。

今までとはまた違った趣の子が作れたかなと思います。
今後ともソフィーをよろしくお願いいたします。

カヤ

新入りが完成しました。
今まで一番、カスタムに時間がかかった子です。

1502011.jpg

【仕様まとめ】

ヘッド:PARABOX プチフェアリー(アイホール拡張) ホワイティ
ボディ:ピコニーモS ホワイティ
アイ:LIFE LIKE EYE 光彩G ダークバイオレット(多分) 10mm
ウィッグ:PARABOX 3.5インチ ロングウェービー(肩くらいでカット) プラチナブロンド
メイク:リキテックス+パステル




プチフェアリーヘッドの可愛らしさに惹かれて購入したのが、昨年五月のドールショウの時でした。
しかし手にしてみたものの、じゅうろくの中には驚くほど「妖精」というものへのイメージが乏しく、カスタムしようにも着地点が見えずに悶々としておりました。
結構な月日あれこれと考え続け、秋頃になってふと「妖精じゃなくて、妖怪ならいけるかも…」と思いつき、そこから一気にイメージが固まっていきました。

1502012.jpg

そんなわけで、コンセプトは「妖怪っぽい謎の生き物」です。
アイホールを削って推奨より大きめのアイを入れ、妖精耳は塗装してみました。
パッと見たときに「なんじゃこりゃ」と思ってもらえるような、珍獣を目指しました。





ボディはアゾンのピコニーモSを使用しています。
足元や手先にうっすらと色をのせてみました。

1502013.jpg

ピコニーモボディに触れたのは今回が初めてなのですが、手に取って触れれば触れるほど愛おしくなるボディだなぁというのが感想です。
等身大の感触といいますか、「本当にこのサイズの、この体を持った生き物がいるのかも…」とつい思ってしまう可愛さなのです。





衣装は自作です。

1502014.jpg

妖怪なので和風な感じを意識しつつ、そこまで厳密に作っていないです。
「エセ和風衣装」と呼んでおります。





名前は「カヤ」にしました。
小さい生き物、から連想して行きついたのがカヤネズミだったという…。
相も変わらず安直な由来です。でも、可愛い響きなので気に入ってます。

1502015.jpg

以上、あまり妖精っぽくない我が家のプチフェアリー紹介でした。