ユキヒョウとピューマ

モフモフ仲間が増えました。

171202 (1)

以前も触れたことのある、HANSAのぬいぐるみたちです。
例によってたまたま立ち寄った先で特設売り場が組まれておりまして、そこで目が離せなくなった二体を連れて帰ってきてしまいした。
ま、早めのセルフクリスマスプレゼントということで…。






やはりリアルなHANSA-ズ。

171202 (2)

リアルですが、触ったときのふわふわ感と柔らかさは理想のぬいぐるみのそれです。
この柔らかさに惚れたといってもいいくらい、抱き心地も最高なのです。





ユキヒョウベイビー。

171202 (4)

先日動物園でリアルユキヒョウの赤ちゃんを見てきたこともあり、目にした瞬間「この子だー!」とわけもわからず思ってしまいました。
あどけない表情が大変よいです。





ピューマベイビー。

171202 (5)

ピューマのぬいぐるみには初遭遇しました。
きりっとしていて、すでに風格を感じさせます。
何より瞳の色が、これまで見たことのない不思議な雰囲気で惹きこまれました。





後ろ姿もよいです。

171202 (3)

美しい。





店頭で一体に絞れず、一緒でのお迎えとなったわけですが、我ながらぬいぐるみの誘惑には弱いなぁと苦笑いしました。

171202 (6)

でも改めて、こうしてふたりくっついている姿を眺めていると、一緒でよかったんじゃないかしら、うんよかったなぁという思いを強くしていたりします。



スポンサーサイト

ストールたぬき

ドール用に作ったストールですが、何気なく近くにいたたぬきさんに着せたらばこれが非常に可愛かったので、つい激写してしまいました。

171106 (1)






しっぽには鈴。

171106 (2)

ラブリー。





通称たぬきち。

171106 (3)

わが家には数年前から住み着いています。
ファミレスなどでもよく出会う、「たけのこ」さんのぬいぐるみマスコットです。





ころころしたデフォルメ体型、でもちゃんとたぬき。

171106 (4)

大変素敵なぬいぐるみなのです。






171106 (5)

寝ているな。






171106 (6)

うろうろしているな。

何をしていてもキュートなたぬきちでございます。



タスマニアデビル ぬいぐるみ

久しぶりにぬいぐるみ話です。

タスマニアデビルのぬいぐるみを購入しました。
メーカーはサン・アローさんです。

1707051.jpg

今現在、日本で唯一タスマニアデビルを展示している多摩動物公園からやってきました。
本物に劣らない可愛さです。





非常にいきいきした印象を受けるぬいぐるみです。

1707052.jpg

何気なく部屋にいるだけなのに、存在感がすごい。





口元。

1707053.jpg

つい指を入れたくなる。





横。

1707054.jpg

お座りしてるのです。可愛い。





うしろ。

1707055.jpg

やたらと色々な角度から眺めてしまいます。
ハマっております。








おまけ
1707056.jpg
出逢ったー


リカオンが来た

先日のことになりますが、私的理由にてハワイはホノルルに行ってまいりました。
人生初の飛行機&海外体験に、出発前も滞在中もすったもんだありましたが、とりあえず無事帰ってくることができてホッとしております。

そして海外に行ってまで、いや行ったからこそ、性懲りもなく新たなぬいぐるみを連れて帰ってきました。

1702011.jpg

そんなわけで前置きが長くなりましたが、新入りのリカオンぬいぐるみ君です。
ぱっと見で「リカオンだ!」と分かるぬいぐるみとの遭遇は初めてでした。一目ぼれです。





ホノルル動物園で出会った子です。

1702012.jpg

首元にぷすっとタグが…。
タグ自体は木製で可愛いのですが、直接体に刺さっているのがなんとなく痛そうなので、そのうちネックレス的なアクセサリーに作り変えようかなと思っています。






うしろ姿も可愛いです。

1702013.jpg

どことなく哀愁が漂う。





本体のタグ。

1702014.jpg

売店には、同じメーカーさんのぬいぐるみがたくさんありました。
フェネックが人気なのか、いたるところにモフモフ積んであるのを見て和みました。
ぬいぐるみ売り場の癒し効果に国境はなかった。





お値段とか種類とか。

1702015.jpg

1体18ドル99セント、2体買うと32ドルとややお得に。
余談ですが、動物園内ではきょうだいと思しきちびっ子たちが、違う種類のぬいぐるみをそれぞれ抱いて歩いている姿を結構見かけてほっこりしました。
英名はリカオンではなく「African Wild Dog」となっております。知らなかったー。





お座りポーズがりりしいですが、ボディがくたっとしているので、伏せっぽいポーズもできます。

1702016.jpg

つるりとした手触りと適度な重量感で、抱き心地は大変良いです。





リカオンらしい、大きな耳もチャームポイントです。

1702017.jpg

目下お名前を考え中であります。


黒猫さん

前回に引き続き、ドールショウのお買い物の話です。

ぬいぐるみ作家さんのブースにて、素敵な猫さんマスコットに心臓を射抜かれました。

1606051.jpg

作者さんの他の作品もどれも非常に魅力的だったので、どの子をお迎えするか大変迷ったのですが、やはり最初に一目ぼれした子にしようとこちらの猫さんに来ていただきました。





ぽてっとしたフォルムがたまりません。
癒し系かと思いきや、どこか落ち着いた隙のなさも感じさせます。存在感と距離感が絶妙で、ずっと眺めていても飽きません。

1606052.jpg

首飾りは猫さんのために自作しました。
仲良くなるためのワイロもといプレゼント(に、なっているのか…?)でございます。





せっかくなので、狐面を着けてみてほしい。

1606053.jpg





じゃん。

1606054.jpg

クールです。





夢のドールショウコラボ(勝手に)。

1606055.jpg

こんな感じで今回のイベントでも、素敵な出会いに恵まれました。
ありがたや。