ばける

久々に、大ナッちゃんに青い和風服を着せました。
これまで上衣は三着作ってきましたが、なんだかんだこの柄が一番好きかもーとなっています。

1703051.jpg

これまた久しぶりに、お気に入りの狐面を装着。
笛など吹いて、ちょっとお祭り気分です。





ちびぎつねが寄ってきた。

1703052.jpg






仲間のふり。

1703053.jpg

妖しさ満点ですが、そこが好き。





ちなみに、顔が見える位置でお面を固定するのが苦手です…。

1703054.jpg

これが上手にできたら、もっといろいろな表情が撮れそうなのにな。





そんなわけで、もっぱら背負わせることの多い狐面。

1703055.jpg

この角度からのナッちゃんをあまりじっくり撮った記憶がないのですが、この時急に「なんか可愛いじゃん」とスイッチが入って激写してしまいました。へへ。





微妙なアングル違い。

1703056.jpg

足の裏がちょっと見えているところがお気に入り。



スポンサーサイト

おはじき箱

ダイソーの和風雑貨コーナーを物色していましたら、とても可愛い小箱を見つけてしまい、気がついたら買っておりました。

1702081.jpg

百円ショップの小物類は年々パワーアップしている気がします。
うっかりしているとドールスペースのものが増えています。いやはや。





箱はおはじき入れにしました。

1702082.jpg

じゃらじゃらと触っていると、童心にかえる気がします。






1702084.jpg






1702083.jpg






写真を撮っている最中にふと思い立って、ホワイトバランスを変えてみました。

1702085.jpg

なんだかノスタルジックな、好きな色味になりました。
たまには色々試してみるものだなぁ。





食べそうなポーズ…。

1702086.jpg






たくさん拾った。

1702087.jpg

こういう、着物の袖に細かいものをたくさん集めている図って可愛いなと思うのですが、理想のポージングは難しいです。



笛っぽいもの

和風ナッちゃんに横笛なんて持たせたらいいんじゃないかしら、と思いまして、それっぽく見える物の工作に挑戦しました。

1702061.jpg






土台にしたのはダイソーで買った竹製の菜箸です。
適当な長さにカットし、表面に穴をあけて絵具で色を付け、飾りに刺繍糸を巻いただけ。

1702062.jpg

ナッちゃんには篠笛っぽい素朴な笛が似合うかなーと、とりあえずシンプルめなものを作ってみました。
もちろん音は出ません。おほほ。





見てる。

1702063.jpg






構える。

1702065.jpg






素人工作ですが、持たせてみたら割といい感じに見えたのでよかった。

1702064.jpg






横笛を吹いている人を見るのがけっこう好きです。

1702066.jpg

そんなわけで、ナッちゃんのそんな写真もやたらと撮ってしまいました。
横笛よいです。




久々の猫さん

久しぶりに思い立って、猫さん柄の布を背景にナッちゃんを撮ってみました。

1701091.jpg

手持ち無沙汰感があったので、刀を構えさせました。
武器を持つと、かえってぼんやり顔が際立つような。





大ナッちゃんを撮るときは、自然光と自作のレフ版もどきが頼りです。
この時は日暮れ前で、窓から差す光があるうちにと慌てておりました。

1701092.jpg

だからアイロンをあてている時間がなかったんだよ
…と、いうのが、ばっちり写り込んでいる背景布の折り皺の言い訳でございやす。
いやはや。





今度はけん玉。

1701094.jpg

なぜか、刀を持たせた時よりもきりっとして見える。





それにしても、綺麗な布だなぁと見るたび思います。
猫さんの存在感はもちろんですが、全体の色合いが本当に好きです。

1701095.jpg

だったらきちんと皺くらい伸ばしましょうよと、己に突っ込まざるを得ません。





つかれた

1701093.jpg

すぐに腰を下ろしたがる性分。



ナッちゃんとお正月飾り

今年の正月飾りは、大ナッちゃんに持たせてみたいなぁとピックタイプにしました。

1701021.jpg





見ている。

1701022.jpg





ちなみに、ダイソーで買った飾りです。
百円でいいのかしら、と思ってしまう可愛さ。

1701023.jpg

飾りに松がどうしても欲しかったので、別売りのものを買って組み合わせました。





松にこだわった理由がこちら。

1701024.jpg

実はナッちゃんの着物の裏地が、梅の花柄なのです。
折よく竹の入った背景布も手に入ったところだったので、松が来れば全部揃うぞー、というわけでした。
めでたい。