モノクロームナッちゃん

引き続き、モノクロで撮るのにはまっております。

180202 (2)

いい意味で知らない子を見ている気持ちになるといいますか、とにかく新鮮で面白いのです。





顔を写さないのもよい。

180202 (3)

普段はあまり意識しないアングルからの写真が楽しくなります。






180202 (5)







180202 (4)






これは雪の積もった日、窓の外を見ている感じが撮りたくてやってみました。

180202 (1)

ちゃっかりピピもいます。





こちらは先日の節分にて。

180202 (6)

背景に吊っている、ダイソーの手拭いがいい味です。
そしてここにもちゃっかり者がいるのであった。



スポンサーサイト

つきあいのいい日

ダイソーの手ぬぐいが可愛かったので、撮影コーナーに吊ってみました。

180105 (1)

なかなかよいです。





赤い盃はキャンドゥのお正月グッズ。

180105 (2)

大ナッちゃんに持たせる和風な器が欲しかったのだ。
人間サイズなのでもちろん大きめなのですが、この大袈裟な感じが好きです。





しかし呑ませるわけにもいかぬので、おはじきで満たしてみました。

180105 (4)






唐突な青タン。

180105 (5)






たまにはおどけてみてほしい。

180105 (6)






……

180105 (7)

ナッちゃんと遊んでいると、「付き合ってもらってるなぁ」と感じることがしばしばあります。






おまけ
180105 (3)
いけるアリクイ



年の瀬の楽しみ

ここ二年ほど、自室のカレンダーは人形たちの写真を使ったものを自作していたりします。

171206 (1)

今年もなんとか間に合いました。





パソコンでぽちぽち作成し、紙に印刷してクリップでまとめて吊るだけという簡単なものです。

171206 (2)

「ここ一年で撮った写真から選ぶ」というマイルールを設けているので、選別作業が一年の振り返りにもなってなかなか感慨深いです。
なにより、親ばか心が満たされるのが楽しい。





大ナッちゃんは5月に使ってみました。

171206 (3)

お気に入りの、笛を吹いているショットです。





…興味なしか。

171206 (4)

そうか。





話はそれますが、素足のナッちゃんが寒そうだったのでシャチさんスリッパを履かせてみました。

171206 (5)

和装とはなじまない、でも可愛い。





何気ない表情に「お」っとなる。

171206 (6)

こういう瞬間が好きです。



秋の日のナッちゃん

季節が流れるうち、記事にしそびれていた大ナッちゃんの写真たちです。

171104 (1)

本格的に冬になる前になんとか間に合ったかな。





色々な小道具を持たせてみたりしていますが、やっぱり一番似合う気がするのが風車。

171104 (3)

どことなく共通点を感じるのかもしれない。





一月ほどしか着せていなかったけど、とても気に入っている秋用お着物。

171104 (5)






居ずまいをただす。

171104 (4)

多分なにも考えてない。





この写真を撮ったころは、まだ金木犀が香っていたなぁと思い出しました。

171104 (6)

日々を一緒に過ごしているんだということをふと感じて、妙にしみじみしたりしてます。


豆扇子

前回の記事で背景の小物に使用していた扇子ですが、こちらは浅草の仲見世通りで購入したものです。

171006 (3)

場所柄か、可愛い和雑貨もたくさん売っている仲見世。
お土産物屋さんが大好きなので歩いているだけで楽しいのですが、こういった出会いがあるとますます心弾みます。





柄がたくさんあって一つに決めるのが難しかったですが、季節的な気分も相まって紅葉にしました。

171006 (5)

立てて飾る用のスタンドも付属でした。
大ナッちゃんには手持ち小道具に、小さい子たちには背景小道具に、それぞれ活躍できるありがたいアイテム。





どことなく優雅になれる気がする扇子。

171006 (4)

どんな仕草が似合うのか、あれこれ考えるのも楽しいです。





こう、膝あたりに立てるポーズをよく見る気がする。

171006 (2)

なんだか余裕ありげな雰囲気。





あまり激しい動きのないナッちゃんなので、仕草に表情を付けやすくなる小物は嬉しいです。

171006 (1)