秋の日のナッちゃん

季節が流れるうち、記事にしそびれていた大ナッちゃんの写真たちです。

171104 (1)

本格的に冬になる前になんとか間に合ったかな。





色々な小道具を持たせてみたりしていますが、やっぱり一番似合う気がするのが風車。

171104 (3)

どことなく共通点を感じるのかもしれない。





一月ほどしか着せていなかったけど、とても気に入っている秋用お着物。

171104 (5)






居ずまいをただす。

171104 (4)

多分なにも考えてない。





この写真を撮ったころは、まだ金木犀が香っていたなぁと思い出しました。

171104 (6)

日々を一緒に過ごしているんだということをふと感じて、妙にしみじみしたりしてます。


スポンサーサイト

豆扇子

前回の記事で背景の小物に使用していた扇子ですが、こちらは浅草の仲見世通りで購入したものです。

171006 (3)

場所柄か、可愛い和雑貨もたくさん売っている仲見世。
お土産物屋さんが大好きなので歩いているだけで楽しいのですが、こういった出会いがあるとますます心弾みます。





柄がたくさんあって一つに決めるのが難しかったですが、季節的な気分も相まって紅葉にしました。

171006 (5)

立てて飾る用のスタンドも付属でした。
大ナッちゃんには手持ち小道具に、小さい子たちには背景小道具に、それぞれ活躍できるありがたいアイテム。





どことなく優雅になれる気がする扇子。

171006 (4)

どんな仕草が似合うのか、あれこれ考えるのも楽しいです。





こう、膝あたりに立てるポーズをよく見る気がする。

171006 (2)

なんだか余裕ありげな雰囲気。





あまり激しい動きのないナッちゃんなので、仕草に表情を付けやすくなる小物は嬉しいです。

171006 (1)


続・紙飛行機

大ナッちゃんにも紙飛行機をあげました。

1709031.jpg

この飛行機に使った千代紙はダイソーで見つけたのですが、入っているどの柄も非常にツボをつかれる可愛さでお気に入りです。





あまりやる気のない構え。

1709032.jpg





キャッチするアリクイ。

1709033.jpg


飛行機はひっくり返ってしまった。





思えば、千代紙を使ったおもちゃをけっこう作っている気がします。

1709034.jpg

和風衣装との組み合わせが好きなんだなぁと、今更気づいております。





はじめは扮装のようなつもりで作った和風衣装も、いつのまにか普段着になってしまった。

1709035.jpg

服にしろ小物にしろ、ちょっとした思い付きを形にしていく作業は飽きないです。


衣替えたよ

このところ、朝晩涼しいなぁと感じる日が増えてきました。
ひたひたと秋の気配がしております。

1709011.jpg

そんなわけで、大ナッちゃんもそろそろ夏服を脱いで、用意していた秋物に着替えることにしました。





新しい着物の表地も、夏服同様ダイソーの和柄スカーフを使って作りました。

1709012.jpg

裏地は悠然と泳ぐ鯨柄です。こちらも百均の手ぬぐいを使ったのですが、キャンドゥだったかセリアだったか忘れてしまいました…いやはや。
表裏、どちらの柄も非常に気に入っております。





くじら

1709013.jpg

ナッちゃんはあまり服に関してこだわるイメージはないのですが、なんとなく動物の柄は喜ぶんじゃないかなという気がします。





そんなわけで、せっせとお着替え。

1709014.jpg






完了。

1709015.jpg






……

1709016.jpg







1709017.jpg

着てしまうと、くじらが見えなくなることに気づいたらしい。



くつろぎか

脈絡なく、くつろいでいる感じのナッちゃんを撮って遊んでおりました。

1708013.jpg






上衣をちゃんと着ないで羽織っているだけというこの状態が、いかにもリラックスしている雰囲気で我ながらお気に入りです。

1708014.jpg






たまに視線が合う。

1708015.jpg

こういう瞬間は「可愛いなーうふふ」しか頭にありません。
至福の時です。





寝た。

1708011.jpg

気ままな姿に癒されます。







おまけ
1708012.jpg
潜り込むちび