続・紙飛行機

大ナッちゃんにも紙飛行機をあげました。

1709031.jpg

この飛行機に使った千代紙はダイソーで見つけたのですが、入っているどの柄も非常にツボをつかれる可愛さでお気に入りです。





あまりやる気のない構え。

1709032.jpg





キャッチするアリクイ。

1709033.jpg


飛行機はひっくり返ってしまった。





思えば、千代紙を使ったおもちゃをけっこう作っている気がします。

1709034.jpg

和風衣装との組み合わせが好きなんだなぁと、今更気づいております。





はじめは扮装のようなつもりで作った和風衣装も、いつのまにか普段着になってしまった。

1709035.jpg

服にしろ小物にしろ、ちょっとした思い付きを形にしていく作業は飽きないです。


スポンサーサイト

紙飛行機

今日も今日とて遊びに精を出すちびっ子。

1709021.jpg

紙飛行機にはまったようです。





意欲的な目つき。

1709022.jpg






シュ

1709023.jpg






引っかかった。

1709025.jpg






よじ登っている。

1709026.jpg





なんなく回収。

1709027.jpg

身軽なのです。


衣替えたよ

このところ、朝晩涼しいなぁと感じる日が増えてきました。
ひたひたと秋の気配がしております。

1709011.jpg

そんなわけで、大ナッちゃんもそろそろ夏服を脱いで、用意していた秋物に着替えることにしました。





新しい着物の表地も、夏服同様ダイソーの和柄スカーフを使って作りました。

1709012.jpg

裏地は悠然と泳ぐ鯨柄です。こちらも百均の手ぬぐいを使ったのですが、キャンドゥだったかセリアだったか忘れてしまいました…いやはや。
表裏、どちらの柄も非常に気に入っております。





くじら

1709013.jpg

ナッちゃんはあまり服に関してこだわるイメージはないのですが、なんとなく動物の柄は喜ぶんじゃないかなという気がします。





そんなわけで、せっせとお着替え。

1709014.jpg






完了。

1709015.jpg






……

1709016.jpg







1709017.jpg

着てしまうと、くじらが見えなくなることに気づいたらしい。



通り過ぎる夏

8月が終わりますね。

1708061.jpg

秋の手前、ピピは収穫に精を出しているようです。





なんだか勇ましい。

1708063.jpg






久しぶりに出した背負い籠。

1708062.jpg

妙に似合うので、ちゃんとサイズを合わせたものをそのうち作ろうかな、と思ったりしています。





新鮮なうちにいただくよ。

1708064.jpg






抱えきれない量を抱える。

1708065.jpg

実りというのはありがたいものです。


つらつら

このところ、久々にもの作り熱が上がっておりまして、人形写真をあまり撮っておりません。
といっても、ブログ記事としてまとまったネタにならないというだけで、日々の中ではちょこちょこ遊んではいるので、とりとめなくそんな写真たちを載せておこうかなと思います。

大ナッちゃんの写真が多いです。

1708051.jpg

新しい背景(最近買った無地の布)に、さっそく落書きを施そうとするの図。





困るので、おやつで気を引く。

1708053.jpg






お気に入りのアノマロ桜餅です。

1708054.jpg

かわいい。癒される。





ガチャガチャにて遭遇してつい回してしまい、つい持たせてしまったボウガン。

1708055.jpg

手が大きくて安定感がある気がして、モデルになる羽目になったソフィー。
しかしこの子は、物騒なアイテムは似合わない…というか、謎の危なっかしさを感じます。
でもこの写真はなんかお気に入りです。





秋に向けて作った、大ナッちゃんの衣装一式。

1708056.jpg

新しい服はすぐにでも着せたくなってしまうタイプですが、こうやって「少し先の季節」に向けた衣装を揃えるのもロマンがあってよいです。
「ピピが用意しました」みたいな図になっているのが我ながら好き。